サスケの5月 その2

5/20国立のはっぽんで「サスケ日より」なっち率いるHoppysが応援に。
楽しくお茶目、それでいてセンス抜群のサウンド。サスケファンも楽しみました。

久しぶりに りり(張麗華)があそびに。「大阪湾」「潮騒橋」をギターで。
「ぽろり」はカラオケで、すっかりライブハウスがクラブに変身。(笑)
熱いハコのギター、勝一郎の暖かいバイオリン、ジュランの「ブルースハープを聞きながら」のハープと、お陰でテンション上がりました。みんなありがとうね。
壁に遺したサスケのサイン、うーん見守ってくれたような…









翌日の5/21は連休に酒を酌み交わしたホンキートンクのマスターの佐野さん、その息子さんの葬儀に出席するために清水へ。
連休に会った時に、息子さんに家を任せる話を嬉しそうに語っていたマスター…
22才という若さで星になった慎太郎君に「愛の絆」を歌いました。
肩を落とした佐野さんにかける言葉がありません。
亡くなられたその日は、奇しくも佐野さんの誕生日でもありました…
合掌、ご冥福をお祈り申しあげます。
佐野さんは、タカちゃんのお通夜、葬儀も清水から駆けつけてくれた親友です。切ないお酒を飲んだ新幹線でした。




夕方は、やはり俳優の井之上隆志君のお別れの会に出席。
若い頃から、井之上君が慕っていた姫路のじろりんと渋谷で合流。
B作さんや、ラサールさん、角野さん、春風亭昇太さん、たくさんの役者仲間に見送られたお別れ会となりました。
4年前の引っ越しに手伝いにきてくれた井之上君、フォークシンガーより、フォークシンガーらしかった井之上君、チケットの取れない「カクスコ」の売れっ子役者になった井之上君、素晴らしい役者に成長した井之上君、じろりんとしみじみちと語りあった夜でした。
ご冥福をお祈り申しあげます。
ぎっしり天国で芝居してるだろうね。


スポンサーサイト




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する