さくらまつりと高田の一本松

4/28 四谷三丁目の赤いキャベツにて、深美容子さんと玉貴とで「麦踏み」の練習。
翌日のイベントでサスケガールズ?として登場してもらうため。


新幹線で一関まで。
古い友人であり、先輩のカメラマンのマッド富田も合流。
一関からレンタカーで陸前高田に着いたのは夜の八時過ぎ。

明日の主催の「はまなすの華」の宍戸先生が、宿泊先の舟渡旅館まで迎えに来てくださり、
恐縮しながらも自宅の隣のカラオケ教室で前回お世話になった志田さんも合流で懇親会。
玉貴は一度、在京陸前高田人会で先生と会ってるので、場も和やかに。
深美さんも念願の陸前高田にやって来たので、いささか興奮気味。


翌29日会場に顔を出すと懐かしい顔が一杯。
たかちゃんの事を残念がる方がたくさんいた。
そうだよね、三回一緒に言ったんだよね……。

竹駒のコミセンの広場でトラックで作ったステージの上で
カラオケサークルの皆さんが歌ったり、踊りあり、大正琴あり、和太鼓ありで
みんなで盛り上がりました。


カツは1曲目は「高田の一本松」を。
前回タカと歌ったことを噛み締めながら、皆さんの前で披露させてもらいました。

震災から三年………。
皆さん、それぞれの一本松の思いに届いただろうか?

moblog_d81ea410.jpg

2曲目は「麦踏み」
やはり野外にはぴったしだね。
玉貴と容子さんに一言コメントしてもらった後スタート。
なんと途中でカラオケが止まってしまうという事態に。
時間もかかりそうなので舞台から降りて、アカペラで。
皆さんも口ずさんでくださり、会場はちょっとした、ライブのノリ。

お二人さんありがとう。
ひょっとしてタカのイタズラ?(笑)

moblog_bb6af804.jpg
↑麦踏み

moblog_c37af657.jpg
↑麦踏み隊

3.jpg
↑隣の宍戸先生とサークルの仲間

moblog_be2ffd20.jpg
↑高田のお客さんと

無事イベント終わった後 みんなが会いたがってた一本松へ。
山を削って盛り土するためのベルトコンベアーの橋が 一本松と重なり、何とも言えない風景。

始めて来た三人にはどう一本松が見えただろうか?
まずは来て、見て、からが、東北の復興のための始めの一歩かもしれません。
次回はもっとたくさんの人数で行けたらと思います。

夜は参加者が集まり反省会という名のおつかれ会。
容子さんも、カラオケに入っている「ハイボールと裕さん」(曲サスケ)を歌ったり、
玉貴もデュエット頼まれたりと、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

moblog_069b1fe4.jpg
↑深美容子&玉貴と



そして翌朝は、それぞれの思いを乗せて一関から新幹線で東京へ。

呼んで下さった宍戸先生、志田さん始め、高田の皆さん、
玉貴、容子さん、ムードメーカーになってくれたマッド富田
ありがとうございました。
スポンサーサイト




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

コメント

No title

一本松に会いに行きたいねぇ・・・。
かっちゃん、お疲れ様。

ジロリン来年は一緒に行きませんか?

No title

行きたい!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する