高田の一本松 その2

普門寺のご紹介で大船渡の丸森ホテルに泊まり、
朝お風呂で身を清め、いざ、一本松に。

トラックが行き交う瓦礫の合間を縫って行くと、
薙ぎ倒された松原にたった一本寂しそうに立っていました。

思わず涙が溢れました。
moblog_aa7f249a.jpg


ギターを持って歌い出すと、
ちょうど東京から俳句の会の人達がバスに乗ってやってきたので、
聴いてもらいました。

写真はその一行さん達とのショットです。
moblog_025a2cef.jpg


一本松に又会うことを約束し、
その後 、中林先輩の先輩に会いに気仙沼へ。

まだ気仙沼は建物も結構残っていて、生々しさがありました。
写真はまだ陸に残された船です。
moblog_04539e87.jpg


いよいよ、石巻のイーオン、なんとかお昼前に着く。
サスケの友達の同級生ということで、歌わせてもらう事になった訳です。

以前一関で歌った時知り合ったお客様で
やはり、被災された早田さんから頂いた詩に曲をつけた、「避難所」と
庭木は流されたけど、流れ着いたトマトに実がなったという「トマト」も歌いました。

写真は駆けつけてくれた早田さんとです。
moblog_d534b762.jpg


もう一枚は呼んでくださった佐々木さんとアシスタントのきょうこさん。
moblog_6aa19891.jpg


もう一枚は今回の運転、写真エトセトラの中林先輩。
moblog_94c31985.jpg


その夜は仙台にて一泊。

今回の旅は、一本松の歌を歌う為に、
どうしても来なければいけなかった旅でした。
一本松の作詞の藤公之介先生の妹さんが震災で亡くなった石巻で歌うこともできました。


最後にわざわざ車を出してくれた、中林先輩に感謝いたします。

ありがとうございました。
スポンサーサイト




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

コメント

No title

地震にも負けず立っていた一本松のように、自分も強くなりたいです。

一本松に祈りを込めて

「一本松に歌を聴いてもらいたい!」との念願が叶い、又、石巻でも歌うことが出来て鎮魂の旅になりましたね。たくさんの人達との出会いに胸が熱くなりました。お疲れさまでした。

じろりんさんが再アップして下さった「サスケさんと一本松の写真」が入ったユーチューブ素敵でしたよ~!

ちなさん、大根さんコメントありがとう。
一本松を歌うことで何かの力になればと 思います。
早速YouTube見てみます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する