スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

『サスケベトナム珍道中』 10/23

10月23日

二日目の朝、メコン河クルーズにサスケ一行向かう。

通訳のアインさんの話...
パスポートをコピーしていた従業員に、社長が言った。
「同じ人のを何枚もコピーするな」と。


みんなでシンドイ(双子)話で盛り上がる。


ホーチミン市内とは違い、のんびりとした田園風景。
椰子の木、バナナの木が風にそよぐ。
高速を下りて、朝ごはん、フーティウを食べる。(フォーによく似てる)

メコン河のボート乗り場に着き、ベトナム帽子(陣笠)を買う。
(なかなか優れもので、頭全体に風が通る、快適)。
何故かサスケによく似合う。
サスケベトナム珍道中7

土色のメコン河をボートでさかのぼり、メコンデルタの島に着く。
ハチミツとキン柑入りのお茶を飲む。
やがてアオザイを着た島の人達がギターや琴をバックに歌を歌う(幸せなら手をたたこう、支那の夜など)
島のストリートシンガーにいくらかのチップを渡す。
サスケベトナム珍道中8



その後、小さな小船に乗り、椰子の木のトンネルの川をめぐったりとメコンデルタの風に吹かれた。
サスケベトナム珍道中9

サスケベトナム珍道中9-2

サスケベトナム珍道中9-3



帰りに、エレファントイヤーフィッシュ(川魚を焼き、縦にして皿にのせてある)の身を入れての生春巻や
サスケベトナム珍道中10

餅をでっかく膨らませたものなどをツマミにベトナムビールの「333」(バァバァバァと発音)を飲む。
サスケベトナム珍道中11


ホーチミンに着き、CDショップで何枚かベトナムの歌を購入。
海賊版を堂々とお店で作ってたのには、びっくり。
(ジャケットをハサミで切っていた)

ニューワールドホテルにてしばし休み、「平家」という日本料理のお店で、
村上氏の関係でベトナム音楽シーンで活躍中の「フォンファン」さんを紹介して頂き、
(日野輝正ともベトナムでジョイントしてる)
意気投合? 曲を書く約束しちゃいました。
なんとか作らねば。
サスケベトナム珍道中12

サスケベトナム珍道中12-2


夜9時過ぎに、関根さんの計らいで、日本人のロックバンド(SOFT,BRAIN,DELUXE)を紹介して下さるとのことで,ライブハウス、「Hard Rock cafe」に行くも、彼らのステージはすでに始まっていた。


スケジュールが詰まっていたので、挨拶変わりにステージの前のフロアで
サスケ独特の腰振りモンキーダンスで客席をあおりつつも、舞台のメンバーとのアイコンタクトに成功?
客席(ほとんど白人)は物珍しいのかサスケを撮りまくっていた。

まだまだベトナムの夜は続きます。

次はホーチミンの歓楽街にある、カラオケのお店「ラバーズ....」に現地マネージャー?の「きたはま」のママ、藤井さんに連れられて歌いに行く。

ベトナムの可愛いお姉さん達と、日本商社の駐在員のお客さんの前で、麦ふみや心が風を引いた夜、を聞いて貰う。
広島から来た団体さんとは、記念撮影したりと、「ベトナムフォーク流し」の夜が更けてゆきました。

オーナーの松本さんと娘さん。
サスケベトナム珍道中13

双子のお姉さんとサスケ。
サスケベトナム珍道中14


<10/23(最終日)に続く>



スポンサーサイト




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。