スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

サスケ再始動!

おかげで5/18 のサスケのライブ「サスケ再始動!」無事に終わりました。
頭の中がこのライブで一杯でブログすっかり遅れてしまいました。

12時入りのリハ、ピアノのDeep、ギターの箱ちゃん、パーカッションの松ちゃん、
そしてゲストなのに気を使って今回はベースで参加の賓田金吾さん、サックス持って駆けつけた武市さん、
そしてカツはアコースティックギターとエレキで、久しぶりのサスケバンドに。

タカチャンとさえバンドでやるのは、ずいぶん昔の事なのに、
カツ一人でどうかと?戸惑いながらのリハ。
回りのみんなも、「カッチャン、いけるよ、!」って言ってもらい、何だか、ほーっ。

本番は16:00からの始まり。
会場は久しぶりのサスケのライブで、サスケ史上始まって以来?の入り。
地方からも駆けつけてくれたり、10年ぶりの友や常連のファンで溢れました。
感謝です。

ステージの隅においてあるタカチャンの笑顔に、ウィンクしてブルースからのスタート。

2014052210475103c.jpg

バンドで「夜汽車のブルース」「ビデオテープでもう一度」「心がカゼをひいた夜」
弾き語りは「ハイライト」「風景」「バラード」「リンゴのほっぺ」そしてバンドで「はりがね」を歌ったあと、
ゲストの松村團四郎とは、サスケとの下関時代の話を交え、
彼の歌を箱ちゃんと共にハーモニーで。

次はゲスト兼弟子の玉貴。
「シャララ」を歌ったが、なぎらさん、深見亮介にネタにされるほどのタカの話が会場を沸かせました。

その後はサスケ唯一のコミックソング?「唄つれづれに」。
そしと1部の終わりは「ポロンポロン」でしめて終了。



2部はサスケの歌謡曲系ゲストのコーナー。

真面目で律儀な河野渉二の「早春譜」
高田に一緒に行った深美容子の「ハイボールと裕さん」
新宿ジゴロの伏見直樹と奈奈さんの「長福丸」
「雨の本厚木」の浪ちひろ兄と、張麗華(りり)の代わりに
急きょピンチヒッターで歌を覚えて歌ってくれた松山出身の津山さゆりちゃんとの「ポロリ」と。

いやーライブハウスでこれだけの歌謡曲のステージはサスケ位だね。(笑)
あご勇ちゃんも飛び入りでトーク。



3部はまたまた濃い存在の方ばかり。
マンダラで「サスケを聞く会」の代表の、
今回も世話になった桜井明弘さんとダンサーの若林美保のコラボ「女優になれなかったAV女優の話」
続いては親友で役者の深見亮介の「届いたみかん」
愛媛出身のおらび芸の志賀圭二郎の「男酔い唄」
そして今月発売のCDを出す「チーボー」こと谷ちえ子の「博多シティーライト」と「一人ワルツ」
(全曲カツはギターと唄で参加)

これだけのゲストの後に、三上寛さんとなぎらさんフォーク界の両巨頭の登場。。

三上さんとは「夢は夜ひらく」を一緒にエレキで参戦、
厚かましくもコーラスまでやらせてもらい感無量。

そして会場の皆に気を使って、
楽屋の隅にオープニングからずうっーと待機して下さった、なぎらさんが登場。(すみません)
トークで会場を沸かせた後、新ユニット「なすけ」(なぎらのなとサスケのさ) で。

2曲ともサスケの歌をわざわざ。
「赤羽線」と「酒」
ぶっつけなのにぴったりの呼吸。
皆さんに喜んでもらえました。


そして最後にサスケバンドで「爪をとげ」と「最終電車」
一人のサスケが二人になったみたいな不思議な感覚で
まるでタカと一緒にやってるみたいな気分。
そして自身、タカになった感じ。
違う世界にいましたね。(笑)

アンコールは全員での「麦踏み」。
ソロを何と、なぎらさんと寛さんが。
ちょっとした伝説を作ってしまったサスケの再始動。(笑)
三時間にわたったライブでした。

もちろん、終わってからみんなでの打上。
久しぶりのサスケライブ後のビールは懐かしい味がしたな。
お陰でカツも少しずつやっていけそうな気がしてきました。

下関での仕事のためお花で参加したKIMIYO、
再始動に協力してくれた、桜井さん、舞監の小田さん、
スタッフで頑張った大田君、玉貴、カメラのマッド、バンドのみんな、
そしてカツのために掛けつけてくれたなぎらさん、寛さんはじめゲストの皆さんに感謝。

20140522105113aab.jpg

20140522105139968.jpg

また、サスケの再始動ライブに足を運んで下さった皆さんの気持ちを、
心に刻んで一歩ずつ一歩ずつ歌っていきたいと思います。

ステージの隅で心配そうに見ていたタカチャンの写真と
最後は二人でしみじみと乾杯したのは言うまでもありません。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

続きを読む »

スポンサーサイト

さくらまつりと高田の一本松

4/28 四谷三丁目の赤いキャベツにて、深美容子さんと玉貴とで「麦踏み」の練習。
翌日のイベントでサスケガールズ?として登場してもらうため。


新幹線で一関まで。
古い友人であり、先輩のカメラマンのマッド富田も合流。
一関からレンタカーで陸前高田に着いたのは夜の八時過ぎ。

明日の主催の「はまなすの華」の宍戸先生が、宿泊先の舟渡旅館まで迎えに来てくださり、
恐縮しながらも自宅の隣のカラオケ教室で前回お世話になった志田さんも合流で懇親会。
玉貴は一度、在京陸前高田人会で先生と会ってるので、場も和やかに。
深美さんも念願の陸前高田にやって来たので、いささか興奮気味。


翌29日会場に顔を出すと懐かしい顔が一杯。
たかちゃんの事を残念がる方がたくさんいた。
そうだよね、三回一緒に言ったんだよね……。

竹駒のコミセンの広場でトラックで作ったステージの上で
カラオケサークルの皆さんが歌ったり、踊りあり、大正琴あり、和太鼓ありで
みんなで盛り上がりました。


カツは1曲目は「高田の一本松」を。
前回タカと歌ったことを噛み締めながら、皆さんの前で披露させてもらいました。

震災から三年………。
皆さん、それぞれの一本松の思いに届いただろうか?

moblog_d81ea410.jpg

2曲目は「麦踏み」
やはり野外にはぴったしだね。
玉貴と容子さんに一言コメントしてもらった後スタート。
なんと途中でカラオケが止まってしまうという事態に。
時間もかかりそうなので舞台から降りて、アカペラで。
皆さんも口ずさんでくださり、会場はちょっとした、ライブのノリ。

お二人さんありがとう。
ひょっとしてタカのイタズラ?(笑)

moblog_bb6af804.jpg
↑麦踏み

moblog_c37af657.jpg
↑麦踏み隊

3.jpg
↑隣の宍戸先生とサークルの仲間

moblog_be2ffd20.jpg
↑高田のお客さんと

無事イベント終わった後 みんなが会いたがってた一本松へ。
山を削って盛り土するためのベルトコンベアーの橋が 一本松と重なり、何とも言えない風景。

始めて来た三人にはどう一本松が見えただろうか?
まずは来て、見て、からが、東北の復興のための始めの一歩かもしれません。
次回はもっとたくさんの人数で行けたらと思います。

夜は参加者が集まり反省会という名のおつかれ会。
容子さんも、カラオケに入っている「ハイボールと裕さん」(曲サスケ)を歌ったり、
玉貴もデュエット頼まれたりと、
楽しい時間を過ごすことが出来ました。

moblog_069b1fe4.jpg
↑深美容子&玉貴と



そして翌朝は、それぞれの思いを乗せて一関から新幹線で東京へ。

呼んで下さった宍戸先生、志田さん始め、高田の皆さん、
玉貴、容子さん、ムードメーカーになってくれたマッド富田
ありがとうございました。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

長福丸


24日は久しぶりにKIMIYOと待ち合わせ。
根室と愛媛のイベントの為の宣材写真を池袋のスタジオで。

タカちゃんとの三人でのショットはあるものの二人だけのショットは初めて。
カツにしてもKIMIYOにしても微妙に切ないものがありました。

が、しばらく会わないうちに少したくましくなったような、
そんなKIMIYOでありました。エライ!

24日はタカちゃんの月命日。
二人でお茶を飲みましたが、
少しお酒でも飲めるようになると、
また人生深くなるような気がするんだけど。
まあ、サスケ的な意見だから強制はしませんので。KIMIYOファンの皆さん、ご心配なく。(笑)

25日は生田の青木スタジオで奈奈さんの「長福丸」のレコーディング。
勿論作詞はジゴロの伏見直樹氏。
既成の演歌、歌謡曲をぶっ壊したいが、モットーのお人。

先日もバリバリのパンクの雑誌に取材されるほどの存在感!
その彼の詩を読んで曲を作るまでに、
ちょっぴり苦労しましたが、気に入ってもらい、ほーっ。(三上さんも絶賛の詩)
アレンジもDeepが
マニアックかつ、ソウルフ演歌?に仕上げ、
狙いどうり。
美空ひばりを歌わせたら右に出るもののいないと言われる奈奈さんのボーカルが入り、
よい仕上がりになりました。
今後のCD発売に向けて夢を語りながら、酒が進んだのは当然の事であります。


27日は渋谷のアップリンクファクトリーで伏見氏のドキュメンタリーロードムービー
「ジゴロvsパワースポット」の完成上映会。
内容は敢えて触れませんが、
タカちゃんがいたら二人で作りたかった映画です。

ただただ自分をひたむきに追求する姿に感動しました。
今回のプロデュースをした漫画家の根本敬さんと久しぶりの再会。。
また何かが始まりそうな予感がしますね。

連休は陸前高田に行きましたので、また近日更新しまーす。





↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。