スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

体が一番

連休あけから体調少し悪く
少しサスケを休んでる感じです。

6/7の練馬文化センターの谷ちえ子のコンサートのゲスト出演までには、
復活できればと思ってます。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

スポンサーサイト

片男波部屋千秋楽祝賀会

昨日は、片男波部屋の千秋楽祝賀会に
KIMIYOと一緒に行って来ました。

おりしも、玉飛鳥関が十両優勝し、部屋は大盛り上がり、
サスケ達は司会と歌で頑張りました。

相撲の世界を知らないサスケでしたが、
気は優しくて力持ち!お相撲さん、みんな優しい方 ばかりでした。

なんと言っても 、片男波親方の飾り気のない人柄に、ゾッコン。

みなさん帰ったあとの、食事タイムには南予弁を交えての愛媛談義、楽しかったです
時々部屋に遊びに来て下さいとの言葉も頂き、部屋を後にしました。

みなさん、お相撲は 片男波部屋
一つ御贔屓に。

いつかみんなで大相撲見物にいきませう。

moblog_e6b59857.jpg
片男波親方と

moblog_2d6a3cf5.jpg
玉鷲関(左)と玉飛鳥関(右)




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

銀座画廊にて「高田の一本松」をうたう


昨日の夕方、銀座の東京画廊で陸前高田市の震災の写真展にて歌ってきました。

たった1曲のつもりが、いつしかミニライヴになってしまいました。
瓦礫が積み上げられた、大きなパネルの前で
「高田の一本松」、「麦踏み」、久々に宇佐元さんが作曲した宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ 」を
復興のためがんばられてるボランティアの方や、
陸前高田出身の方の前で歌いました。

まるで高田の街にいるかのような不思議な感覚でした。

初めて生歌を聞いて頂いた、戸羽市長さんとのショットです。

笑顔ではありますが、後ろの瓦礫にも注目してください。






↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

陸前高田展とYouTube


5月10日から18日まで 銀座の「東京画廊+BTAP」で、
陸前高田展が開催〓
と言うことでサスケ13日に行って来ました。

震災後から現在に至るまでの写真の展示、
市民の方々の作品や全国から寄せられた励ましの書なども展示されてました。

思い出の情景も スクリーンで。
高田の四季のうつろいや、海岸沿いの松原、
皆さんの笑顔、盆踊り、市民祭。
3.11以前の記憶がそこにはありました....。

初めて訪れたのに、陸前高田の戸羽市長がフェイスブックにサスケの事を書いて頂いたお陰で、
声をかけてもらい、17日ギター持参で 、会場で歌を唄うことになりました。

なおこの間の陸前高田のイベントでのYouTubeを
仙台の立花さんが立ち上げてくれました。
「さくらまつり 歌謡の集い 宍戸勝弘 陸前高田 サスケ」で 検索すると見れます。


このところチャリティー関連のブログが多いのですが、
6.15のマンダラライヴにも、視野に入れておりますので。

お楽しみに。
(ショットはNPO法人陸前高田市支援連絡議会の阿倍事務局長)




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

ラジオ、カラオケ、三崎中学校

故郷三崎で、6日7日と、母と水入らず。

ゆったりと時間が流れ、
8日は八幡浜の駅のちゃんぽんのお店に挨拶に。
ボスター張ってありました。


松山では戒田アナウンサーに会いに南海放送へ。
陸前高田や巌流島のイベントの話で盛り上がりました。
録音は一本松の話。
5月20日、17時過ぎから、みかん一座の未完星交響曲で流れます。
録音に入る前に、新井満先生の「希望の木」という詩を、
戒田節ちゃんの朗読で聞かせてもらいました。
必見物です!
不思議な位、高田の一本松と内容と気持ちが同じで感動しました。
いつか朗読と歌のセットでやる約束しました。
ぜひお楽しみに。


さてさて、嬉しいニュースです。

サスケ&KIMIYOの「八幡浜ちゃんぽん物語」第一興商ダムから 5月22日配信されます。
八幡浜の皆さん、そして全国の皆さん、
カラオケ歌って下さいね。


尚三崎中学の生徒達と作った「君の笑顔に逢いたくて」が
伊方町音楽発表会で二年、三年生の生徒で合唱するそうです。(6月)
被災した気仙沼の中学への応援メッセージ。
お近くの方は是非聴きに行って下さいね。

少し旅の疲れがとれてきました。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

巌流島チャリティープロレス

5月5日、山口県下関のあの巌流島で
「武蔵.小次郎決闘400年記念チャリティ」に「KIMIYO&サスケ」で参加してきました。


5月4日前乗りで、下関着、夜スナック「恵」にてミニライブ。
「想い出のステーション下関」を大合唱、いい盛り上がりでした。


翌朝、漁船にて巌流島へ。
moblog_9a9e82f2.jpg


初代タイガーマスク(下関出身)が被災地に元気を送る為に開催したプロレスの会場で歌いました。
moblog_fba17f16.jpg
(共演のONETHREE)


豪華メンバー、長州力、藤波辰爾、藤原嘉明、そして初代タイガーマスク、
晴れ渡った空の下で、400年前の瞬間が蘇ったような、息詰まる戦いに酔いしれました。
moblog_282307aa.jpg

被災した岩手宮古市の子供たちも招待。
「高田の一本松」も潮風に乗って流れました。

打ち上げではプロレスラーの皆さんとも挨拶。
カラオケでは長州力選手も一緒に歌ってくれ、大感激!

初代タイガーマスク選手は何と長府中学の三級後輩。
謙虚さに頭が下がりました。さすがに写メは撮れませんでした。

またの再会を約束して、高田の一本松のCDRを渡しました。

翌日一路故郷三崎に日豊本線で、佐賀関からフェリーに乗り継ぎ自宅へ。
またもや泥のように眠りに。

最後の写真は タイガーマスク、ウルティモドラコンの試合、タイガーマスク一家。

moblog_9354f344.jpg

moblog_ceb0c239.jpg

moblog_66d03585.jpg




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

高田の一本松その3


コンサートの翌朝、高田の一本松と会ってきました。

瓦礫処理の重機が動く合間を抜い、たどり着き。
一人寂しくも、毅然と立つその姿、サスケ、歌い続けていくことを誓いました。


その後、コンサートの出演者の方と偶然会い、
ボランティアで立ち上げられた「りくカフェ」に立ち寄り、
ボランティアで来ている東大の学生さん達の前でミニライブ。

中には「一本松の歌」で涙を流して聞いてくれた人もいました。


今回は陸前高田で大勢の方と知り合った実り大きな旅でした。

さて、今日から下関。どんなドラマが待っいるやら。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

陸前高田その2

4/30満開の桜の中、
復興支援!さくらまつり、歌謡の集いが始まりました。

場所は定住促進センター。トラックで作った野外ステージ。
moblog_5e9075fa.jpg

moblog_d3c0c65a.jpg


舞踊と、歌謡スクールはまなすの華の皆さん、地元の歌手の方のステージ、
東北の方はお上手な上に、心に沁みるものがあります。

そしてサスケのステージ。祈りのような気持ちで「高田の一本松」歌わさせて頂きました。

moblog_5131fa99.jpg

皆さん、一番の後、二番の後と沢山の拍手下さり、
地元の方に受け入れて貰えた様な気がしました。
当地で歌う「一本松」はやはり何百倍も身の引き締まりが違います。
機会を与えて下さった、はまなすの華のリーダー宍戸勝弘先生、ありがとうございました。


反省会?打ち上げは奇しくも、前日の合同慰霊祭と同じ場所の海浜館、
何か縁を感じます。
午後4時から足掛7時間、カラオケで皆さん、大盛り上がり。
しかも しらふです。
刺身でサイダーはサスケにとって忘れられない思い出になりました。(笑)

笑顔の下に沢山の悲しみ隠して、現実を生きる東北魂感じ、
またもや泥のように眠りにつきました。

次回は一本松に再会した話です。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

陸前高田その1

更新、遅くなりました。

28日夜行バスに乗り29日朝5時30仙台着くも、
お客様多く陸前高田行きのバスに乗れず、
次のバスを待っている時、サスケに話かけてくれた方がおりました。

なんでも陸前高田の「海浜館」にて高田第一中学の同窓生を忍ぶ会に出席するとの話,,,,,,。
何故かサスケに「一本松」の歌を歌っての依頼あり承諾。

その前に戸羽市長に面会し「高田の一本松」の曲を手渡す。
陸前高田の現状などお聞きする。

120429_1252417.jpg
サスケ一本松を歌い続けることを改めて痛感。

後、合同慰霊祭の会場にて「高田の一本松」を歌う。
皆さんいきなりのゲストにもかかわらず、静かに聞いていただきました。
テレビなどではわからない悲しみや無念さ、実情を痛感しました。


後、お世話になった普門寺を訪問後。大船渡のホテルに到着。
120430_082940.jpg
大船渡、ホテル丸森

仮設の屋台村にて、旅の疲れを落とし、明日に備え、 二軒ばかり(笑

本編のチャリティコンサートの話は次回に。

ではでは。




↑↑ランキングアップのため、ポチっとクリックお願いします!!

>>サスケの公式サイトはこちらから

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。